東京から北海道にUターンしてきて逆カルチャーショックになった

東京に11年働いて住んでいたけど、久しぶりに北海道へ帰ってきました!

高齢な親がけがで入院したことがきっかけです。

ただ、それだけが理由ではありません。

家賃がもったいないという気持ちが強くなったのもあります。

このまま北海道にいるか、東京に戻るかわかりませんが、とにかく久しぶりの実家暮らしです。

一人暮らしから実家暮らしへの切り替えは大変

大誤算がありました。

以前は実家で暮らしていたのに、一度自由な一人暮らしを経験すると実家暮らしはけっこうストレスたまります(笑)

一度親元を離れた人間が親と一緒に住むって、けっこうきつい。

一人暮らしでは自由に何でも自分でやってきましたし、外出しようが何時に帰ろうが誰にも言う必要がない暮らし。

でも、今は、どこに行く?何時頃帰る?と絶対聞かれる。食事も気を使う。

予定や行動は告げなくてはならないのね~ 

一人暮らしの時のなんと気楽だったことよ。

なぜ、皆が一人暮らしをしたがるのかわかりました!それは自由だから(笑)

東京に長くいすぎた?北海道に慣れない!元々住んでいたはずなのに?

北海道は、道路は広いし、空間が広くゆったり。人も少ない。

時間がゆったり流れている感じ。

私は札幌の隣町に住んでいるので、時々札幌へ行ってみる。

札幌に行っても、街並みは碁盤の目。計画的に整然としていてきれいで空間が広い。

本当はこのほうがストレスないはずなんだけどね。

しかし、なぜかこの広い空間に慣れることがなかなかできない。なんか落ち着かない。

これぞ東京に長くいすぎた逆カルチャーショックかもしれません。

東京はどこの駅で降りても賑やかで、おしゃれな広い所もあるけれどごちゃごちゃした所もあって昔ながらの商店街もある。

散歩で歩くだけでもいろんな街があって混沌としていて飽きない。賑やかなことに慣れてしまっていたよ。

北海道は気候が違う!

大嫌いな北海道の11月

いまさら?当たり前じゃんと思うけど、私はすっかり忘れかけていたのです。

北海道には11月に一気に冬がやってくることを。

そして、11月がもっとも嫌な季節であったことを。

日の入りが本州より早くなり、滅入ってくるのも11月です。

ちなみに本日の札幌の日の入りは16時、東京は16時27分、福岡は17時10分

うらやましい福岡☆彡こっちはまもなく日没が15時50分とかになるよ。

11月と言えばまだ秋で紅葉の季節だったはず、でも北海道では雪が降って冬になってしまうのはショックでした。冬・・・早すぎ。

北海道のほうが夏が暑かった

今年の夏、私は暑さに苦しんでいました。

東京ではなく、北海道で(笑)

なぜでしょう?

それは北海道ではエアコンが普及していないからです。

もちろん、うちの実家もエアコンありません。

今年の夏は30度を超える日が続いて夜も気温がなかなか下がらなかったのです。

家の中の温度は夜も31度を超えていて暑くて苦しみました。

昔は夜になったら涼しかったのにどうしちゃった?と思いました。

東京はいくら猛暑でもエアコンあるから家の中で暑さに苦しむことはない。

東京より北海道の夏のほうが地獄だ~と叫んでいたら、親に叱られましたけど。

結論:北海道の夏のほうが地獄でした。

はい、エアコン買いましょう♪これが答えですね。

夏の涼しい北海道というイメージはもうあてはまりません。

地球温暖化してるんですね。

北海道での仕事について

はい、予想通り思うような仕事はないと思ったほうがいいでしょう。

特にないのはいわゆる事務系。

コールセンターの求人ばかりが多く、一般の事務系に限っては有効求人倍率0.44だそうです。

有効求人倍率は全国的に1を超えてるというニュースが出ますが、職種によります。

介護、警備などの人手不足の職種が求人倍率を押し上げているという訳です。

でも、東京と北海道を比べてはいけないのですね。

東京は首都だから幅広くいろんな仕事がたくさんあって当たり前なのです。

仕事がないからUターンできないという人はたくさんいると思いますが、正しいです。

Uターンしたい時は、もし仕事がなかったらどうするのか、よく考えてから実行しましょう。

家賃について

実家最高です。

家賃を払わなくていいのが、こんなに素晴らしいことなんて、実家を出るまで気づかなかったです。

東京は素晴らしい所だけど、上京者にとって家賃が高いのはかなりのデメリットです。

私は東京では毎月の家賃を払うのに大変だったように思います。

そして、実家に帰ってきてからは貯金ができるのが嬉しいです。

結局は住めば都なんだけど

今回、Uターンして逆カルチャーショックになりました。

これは、完全に私の想定外でした。

元々住んでいたのに、違和感があってなかなか慣れることがなかなかできない。

これが東京ロスしょうか(笑)

Uターンを考えている人は、故郷は昔の故郷とは違うということを想定しておいたほうがいいかもしれません。

東京に慣れてしまっているなら、もうそこが故郷かもよ、と言いたいです♪

住めば都というより、長く住めば第二の故郷になるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする