失業中の落ち込んだ精神状態を回復する方法4つ!

長い人生では、失業してしまうことがあります。

正社員で一生同じ所に勤める人もいれば、転職して会社を変わる人もいると思います。

契約社員や派遣社員は契約期間がありますので、契約が更新されないなんてことがあります。

次の仕事がすぐ決まればいいのですが、決まらないと無職期間が生まれ、長引くと焦ります。何もしていないと気持ちがどんどん落ち込んでいきます。

そこで、失業時に気持ちが落ち込んだ時の気持ちの回復方法についてまとめてみました。

失業すると収入が途絶える

お金がないことがストレスになります。

失業すると収入がなくなってお金がなくなっていきます。

お金がすべてではない、とよく言われますが、この世の中はお金がないと生きていけない仕組みになっています。

そして、悩みのほとんどはお金があれば解決されると言われていることもあり、貯金がどんどん減っていくのは本当に悲しい気持ちになります。

一人暮らしの失業となると家賃を払えなくなる恐怖、生活が成り立たなくなるという恐怖が待っています。

私も経験ありますが、失業すると、今まで働いて稼いだお金はあっという間になくなっていきます。

お金に余裕がなくなるので、お金を使う楽しみ、たとえば買い物や旅行、友人との交際費などが制限されてストレスがたまります。

失業すると次のような出費に苦しむ

国民年金  

 現在は、1か月16,260円です。高いですね~免除という制度もあるのですが、将来の受取年金が減るのが嫌で躊躇してしまいますね。

国民健康保険料

人によって違いますが、とんでもなく高いですよね。ほとんど病院にかからない人は入らないという選択をする人もいるようです。

家賃や水道光熱費

これらの支払いもきつくなります。(特に東京の家賃は高い^^;)

辞めてからわかりますが、働いている時に会社が負担してくれている社会保険料ってありがたいのです。

失業すると世の中から取り残されダメ人間のように感じる

失業すると出勤もないし、初めは楽ちんで解放感があって毎日が日曜日気分♪なのですが、だんだん毎日が苦痛になってきます。

日曜日は働いているからこそ嬉しいものなんだと気付くわけです。

遊びも買い物もお金を節約しなきゃならなくて思いっきりできなくなります。また、お金がないと時間があっても心から楽しめない感じになるのです。

そして、1日ってけっこう長いです。

求人を見る、応募して待つ以外はとにかく時間が余ってしまいます。

人が働いている時に、一人虚しく時を過ごしている孤独感があります。

そして、失業が長引くと、だんだん世の中から取り残されたダメ人間のように感じてしまう人が多いようです。

私も失業した時は、無駄に時を過ごしているような感じになりました。

さらに、失業が長引くと焦り、孤独、不安がどんどん増していって落ち込むようになります。

そうしているうちに、就職活動をするパワーや元気がなくなっていくことがあるので、そうならないように失業期間を過ごす必要があります。

特に、一人暮らしの場合は気持の持ち方が大切だと思っています。

気持ちが落ち込まないようにする方法を考えてみました

①素敵なロング休暇と考えよう

失業期間が長引くと、お金はないけど時間はたっぷりあります。

朝は自由な時間に起きてゆっくり朝食をとってからコーヒータイム♪好きな本を読んで、天気がよかったら散歩に出かける。

ペットがいたらペットと思い切り遊んだり、お金がなくても優雅な時間を過ごすようにします。部屋の整理整頓、掃除、料理作ったりも意外に楽しいです。

お昼のワイドショーもこういう時しか見れないので面白いです。

日本人は会社では働き過ぎなので、無職期間はリフレッシュのチャンスです。

就活もやるべきことをやったら、あとは天命を待ちながらのんびり休暇を楽しみたいものです。

②真昼間に繁華街を歩いてみよう

働いてないと引け目を感じる気持ちになりますが、そういう時は街に出かけてみましょう。

特に東京ですと昼間でもたくさん人が歩いています。

学生なのか主婦なのかフリーランスなのか無職なのか、皆それぞれの用事があったりして普通に、もしくは楽しそうに歩いています。

平日の昼間にこんなにたくさんの人が歩いている、働いていない人達もたくさんいるんだ!と思えば、働いてなくてもどうってことないんだと思えてきます。

この時間帯に自由に外を歩けるなんて幸せだなあと感じる瞬間です☆

生活できているのなら、働いていなくても別に引け目を感じることはありません。

③この機会に勉強して仕事に役に立ちそうな資格をとってみよう

私の場合は働いている時は働くだけでせいいっぱいで、疲れてとても勉強する気にはなれませんでした。

私はけっこういろんな資格をとりましたが、振り返ってみると失業期間にとったものが多いです。職業訓練でとった資格や、失業期間に家でこつこつ勉強してとった資格などなど。

時間がたっぷりあるので、興味あることを勉強して資格をとるのもいいかもしれません。

勉強している時間は焦りなどなく、反対に将来に対する希望が湧いてきます♪

④人とはなるべく接するようにしよう

失業すると引け目を感じて友人と会いたくないかもしれませんが、友人とは会ったほうがいいみたいです。

たまにご飯を食べに行ったりしてたわいないおしゃべりをするだけでいいのです。

なぜ、会ったほうがいいかというと、失業期間は会社をやめて家にいるようになり、いわば社会との接点がなくなります。そうすると、孤独感が高まって落ち込むことになります。

友人と会うということで社会とのつながりを感じることができ、気持ちが安定するのです。

本当に親しい友人なら無職ということを言っても、あ、そうなんだー就活がんばってね!という感じで、どうということはありません。

人と会うことでやる気もわいてきます☆

以上、失業中に落ち込んだ時の気持の回復方法についてまとめてみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする