故郷の味:道産子は氷下魚の干物と鮭のいずし(飯寿し)が恋しい

私は干物や海産物が大好きです。しかし、北海道を離れてからはあまり食べることがなくなってしまいました。

するめ、ホタテの乾燥貝柱など大好きで、よく食べていました。

それらは東京でも売っているのですが、実は干物の中で一番好きな魚があります。

とにかく、あまり売ってなくて、食べたいけれどもあまり食べる機会がありません。

氷下魚(コマイ)の干物が食べたい!

一番食べたいのは氷下魚(コマイ)です!

でも、氷下魚(コマイ)って東京(関東)ではポピュラーではないのでしょうか。

あまり売っているのをみかけません。

北海道にいた頃は子供の時からしょっちゅう食べていた氷下魚(コマイ)。

味は塩気の中にこくがあり、噛めば噛むほど深い味わいがあります。

売ってないからしばらく忘れかけていたのですが、みつけました!

道産子プラザに行けば食べたい北海道の食品が見つかります

有楽町駅前の交通会館に道産子プラザというアンテナショップがあります。

いろいろな北海道の食品が売られていていつもお客さんであふれています。

そこに、コマイの干物が売ってました~近所のスーパーには売っていなかったから見つけられて嬉しいです!

売っていたのは3種類です。

コマイの一夜干し

皮つきコマイ

むきコマイ

あのなつかしい味を思い出し、ついつい買ってしまいました。

皮付きコマイはおいしいですが、皮をむくのは少し難しいかもしれません。しかし、食べたいという気持ちが皮むきのめんどうさを上回ります!

皮をむいたコマイも売っているので、すぐに食べたい私は、今回はむきコマイ一夜干しを買ってみました!

噛めば噛むほど旨みのあるこくのあるおいしい干物が氷下魚(コマイ)だと思います。

マヨネーズや唐辛子をつけて食べるのもよいですが、私は、何もつけずに食べるのが好きです。

食べたことない人は是非食べてほしい魚です。

鮭のいずし(飯寿司)が食べたい!

北海道に年末年始に帰省して必ず食べるのは鮭のいずし(飯寿司)です。いずし(飯寿司)って寒い地域でよく食べられているようです。

乳酸発酵食品というようで、米、麹、キャベツ、人参、南蛮等と一緒に発酵させています。醤油をかけて食べると酸味と旨みとマッチしてすごくおいしいです。

冬になくてはならない味ですので食べたことない人は是非食べてほしいです。

私はが好きですが、ほかにニシンハタハタのいずし(飯寿司)もあります。

本来はお正月や冬に食べることが多いのですが、ほかのシーズンでも食べられます。

今回、久しぶりに帰省した時に、いずし(飯寿司)が食べたくなって買ってきました。

早速、山下水産のいずし(飯寿司)を買ってきました。

札幌駅前にある大丸デパートのいわゆるデパ地下に山下水産の店があります。

早速、パックを開けてみました。

鮭がぎっしり入っていておいしそうです。

北海道で海産物を買うなら

山下水産のいずし(飯寿司)、おいしいのでおススメです。

北海道では海産物を買うとしたら海産物と鮭の専門店ということで佐藤水産も有名です。

佐藤水産のいずし(飯寿司)も、もちろんおいしいです。

新千歳空港でも佐藤水産の海産物が売ってますが、オンラインショップもあるので機会があったら見てください!どれもすごくおいしそうですよ(^o^)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする