上京後の一人暮らしの寂しい休日を楽しく過ごす方法は?

実家にいた頃、一人暮らしの友人はどんな風に過ごしているんだろう?寂しくないのかな?と思っていました。

ただ、その当時の一人暮らしの友人は土日に実家に帰ることのできる距離で一人暮らしをしていたので、あまり寂しくなさそうでした。

土日に家族に会いに行ける距離だといいのですが、北海道など飛行機に乗らないと帰れない距離の一人暮らしはきついです。

北海道から上京することになり、家族からも遠く離れて一人暮らしをすると、帰れるのは年2回とかになったりします(>_<)

そのため、特に、まだ友人ができていない時はけっこう寂しい思いをすることになります。

そこで、いろいろと一人でも寂しくないように休日を過ごす方法をまとめてみました。

一人暮らしはどうやって休日を過ごすのか

平日働いて土日に休むパターンだと、平日は仕事と満員電車の出勤でかなり体力と気力を使い、金曜日の夜にはかなり疲れている自分に気づきます(笑)

そこで、土日をいかにリラックスして楽しく過ごせるかということが大事になってきます。

同じような一人暮らしの人に聞いてみると、土曜日に外出して、日曜日に家でまったり過ごすパターンの人が多いようです。

土曜日に外出する場合はどんな所へ行くか

もちろん、自分の好きな所へ行くのがよいと思います。

映画好きなら映画を見に行く、カラオケ好きならカラオケで歌う、絵が好きなら美術館めぐりなどしてリフレッシュするなどです。

私がおすすめなのは、「観光客になってみる」です。

東京観光をしてみる

上京したからには、東京の街をいろいろ歩いてみましょう。観光客の気分で歩くとわくわくします。

いろんな電車が網の目のように走っているので、あちこち行けます。

私も休みの日にはいろいろ行きました!

基本どこの街でも栄えているので、面白いです。東京観光ガイド本を見て行きたいな~と思う場所へ行ってみるのです。友人と一緒でもいいし、友人がいない時は一人でも行ってもいいのです。

<実際に行ってみたら>

浅草はたくさんの外国人観光客が来ていて活気があって歩いてるだけで楽しいです。

銀座も買い物しなくてもいわゆる銀ブラが楽しいです。明るい雰囲気で歩いてるだけで気分の良くなる場所です。

原宿の人混みに疲れたら明治神宮に行ったりするのも緑の中を歩いていくので癒されます。

今日は都内の有名な神社へ行ってみよう、今度の土曜はまだ行ったことのない公園へ行ってみようなどテーマと目的を決めてお出かけするのも楽しいです。

東京はたくさんの飲食店があるので、おいしいと評判の飲食店を訪ねてみるのもよいですね。カフェもたくさんあるので、カフェ巡りも楽しいかもしれません。

私は今度ねこカフェに行ってみたいです!

もちろん、東京だけでなく、海を見たいなら横浜や鎌倉へ行ってみるとか隣県の興味ある所へ行ってみるのも楽しいです。

とにかく、一人でもいいから楽しい予定は自分で作るくらいの気持ちでお出かけ予定をたてましょう。

近所をお散歩する

自分の住んでいる街を散歩するのも、こんな店があるんだーとか、新しい発見があって面白いです。

私もちょっと歩くと昔ながらの商店街があるのでぶらぶら見ながら歩きます。

北海道では見られない昔ながらの八百屋さん、肉屋さん、金魚屋さんなどがあって昔懐かしい感じがいいなあ~と思いながら歩いています。

外出しない日曜日は家ではどのように過ごすか

インターネットをする

インターネットはもうほとんどの人がやっていると思いますが、ネットサーフィンでニュースやいろいろなサイトを見たり、ユーチューブで音楽を聴いたりすれば飽きないですね。

インターネットに飽きたらテレビを見るなどすれば、寂しさがなくなると思います。

本を読む

本が好きな人は読書をすればあっという間に時間がたってしまいます。

あらかじめ、図書館に本を借りに行って休日用の本を確保しておくのがおすすめです。

東京にはいろいろな図書館があるのも魅力ですね。

家事をして気分転換

一人暮らしでも料理は毎日しなくてはならないわけではありません。私は、日曜にまとめて料理をすることが多いです。

料理をすると、意外に気が紛れるので気分転換にいいです。

カレーライスとかシチューなど数日ストックできるものを作っておくと平日の夜に仕事から帰ってきた時の夕食が楽になります♪

料理したり、掃除したり、洗濯したりして体を動かすと気分転換になってスッキリします

以上、上京後、友人が最初のうちはできなくて寂しかったり、友人がいても予定が合わなくて休日を一人過ごす場合の寂しくない過ごし方をまとめてみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする