派遣社員を契約途中で円満に退職する方法とは?

派遣会社に登録して、やっと仕事が決まっても、いざ働きだしたら、なんかこの職場が合わないなと思うことがあります。

仕事が思っていたより大変だったとか、暇すぎたとか仕事面で合わない場合もあれば、社風や人の雰囲気など環境面が合わない場合もあります。

そういう時は行くのが苦痛になり、契約途中でも辞めたくなる人が多いです。

そこで、派遣の仕事は契約期間の途中で辞めてもいいのか?ということをまとめてみました。

派遣を途中で辞めたくなる理由とは?

仕事が合わない場合は続けるのがきつい

仕事を紹介された時に、条件が合っているか確認してから仕事を引き受けるのですが、派遣会社の営業担当が仕事内容を把握していなく、実際に職場に行ってみると全然話が違うことがあります。

能力以上のことを求められたり、反対に、ほとんど仕事がない場合もあるのです。

環境が合わない場合は仕事どころじゃない

私も派遣でいろいろな職場に行きましたが、本当に会社によって雰囲気が違います。

シーンとした静かすぎる職場、うるさくて落ち着かなくて仕事に集中できない職場。

一般に、自分の性格に合う職場は長続きしますが、そうでなければ苦痛になります。

ある職場は社員や派遣の先輩がきつい人が多かったのですが、反対に穏やかな人ばかりの職場もありました。

環境は、その職場に入ってみなければわからないことがたくさんあります。

このような理由で辞めたいと思うわけですが、派遣の場合は3か月毎の更新が多いので契約期間を更新しなければ、契約期間満了で円満に辞められます。

だから、職場が合わない場合は、更新しないで契約満了で辞める、これが一番ベストです。

契約途中で辞めると申し出ても、基本的にはNG

どんな人でも契約途中で辞めようと思って働き始める人はいません。

契約途中で辞めることは、迷惑をかけるし、自分も派遣会社からの信頼を失って今後の紹介をもらえなくなるかもしれないなどのリスクがあります。

嫌だけれどもなんとか出勤できるのであれば、契約期間満了まで働いたほうが絶対いいです。

契約途中の退職は、やむを得ない事情がある場合のみ許される

やむを得ない事情とは何でしょうか?

契約途中でも退職が認められる場合があります。

以下の場合は、やむを得ない事情として派遣先も派遣会社も考慮してくれます。

体調不良

入院が必要になったりする重い病気やけがの場合はもちろん、職場が合わないストレスによる体調不良も退職の理由でよくあると思います。

営業担当に相談しても職場環境が改善せず、ストレスで体調がおかしくなり、どうしても出勤ができないくらいであれば退職が認められることがあります。

その場合、診断書や通院証明を求められると思いますが、提出することができれば退職は認められる可能性が高いでしょう。

家族の介護など家庭の事情 

親や親族に常時の看護が必要になった場合で、遠方で出勤が難しい場合は退職が認められる可能性が高いです。

引っ越し

急に夫が転勤になって遠方に引っ越さなければならなくなった時なども退職が認められる可能性が高いです。

契約書で退職事項を確認

契約途中で辞めるということは、本人はもちろん派遣会社が派遣先の信頼を失ってしまうことにつながりますので、本来はできないということになっているのですが、やむを得ない事情がある場合はこの限りではないとされています。

契約書をよく見ると、派遣社員が契約期間の途中で退職を希望する時は、原則として少なくとも退職予定日の30日前までにその旨を申し出て、会社の承認を得なければならないなどと記載されていることが多いです。

期間の定めのない雇用契約の正社員の場合は民法の規定により、2週間前までに退職の意思表示をすれば辞められるのですが、派遣社員の場合は有期雇用契約のため2週間前までに退職の意思表示をすれば辞められるという規定はあてはまらないです。

しかし、上記で述べたようなやむを得ない事情であれば、すぐに退職が認められることもあるので、そういう時は派遣会社の営業担当に相談ということになります。

そして、派遣先が承認してくれればOKです。

退職したい時は派遣会社の営業担当者に連絡しよう

先に派遣先に言うのは絶対NGです。派遣社員の雇用主は派遣先ではなく、派遣会社です。

退職したいという申し出を派遣先に言うと、派遣先は派遣会社にいったいどうなってるんだ?と問い合わせることになるでしょう。まさに契約違反のトラブルに発展しかねません。

退職の申し出は派遣会社にします。

派遣会社の営業担当にメールでもかまわないので、退職したい意思と理由をはっきり伝えることが大切です。

その後、なぜ辞めたいのか事情を聞かれますので、その時に詳細を話します。

営業担当はできれば辞めてほしくないので、引きとめようとします。

辞めたいのであれば、しっかりと納得してもらえるような説明をすることが大切です。

やむを得ない事情として認められない場合

転職が決まったただ仕事が嫌だから職場の人と合わないから、などの理由ですと契約途中で辞めるということは難しいです。

ただ、その場合も営業担当に相談しましょう。

もしかしたら、解決できるかもしれないし、退職も即日は無理かもしれませんが、調整して契約満了前に認めてくれるかもしれません。

一番やってはいけないことはどうしても辞めたいからといって無断で欠勤したり、連絡なしに辞めてしまうことです。

辞めたい時は、連絡して相談する。

これが基本です。

以上、契約途中で派遣社員を辞める場合についてまとめてみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする