派遣社員の受給資格は派遣期間満了で会社都合になる?

派遣で働いていて契約期間を満了した!

でも、自分が更新希望しないで満了した場合は失業保険をすぐもらえるかな?と考える人は多いと思います。

自己都合で退職すると失業保険をもらうまで3か月の給付制限がありますよね。

私の場合、最初は、派遣社員が仕事を辞めた時における正社員や契約社員との違いがよくわかりませんでした。

派遣社員が契約満了で仕事を辞めた時に自己都合と会社都合どちらになるのかな?

と思い、調べてみました。

自己都合と会社都合の違いとは?

自己都合と会社都合:失業保険の受給資格や支給開始時期の違い

自己都合の場合の支給開始

離職票を提出して申込⇒7日間の失業日+3か月の給付制限の後に支給開始

会社都合の場合の支給開始

離職票を提出して申込⇒7日間の失業日後に支給開始

支給開始までの日数に大きな差があります。

仕事がすぐ決まるとは限らないし、すぐもらわないと生活が困る、3か月なんて待っていられないという人もいると思いますが、自己都合の場合は3か月待つことになります。

自己都合の場合の受給資格

離職日までの2年間に、雇用保険の加入期間が12ヶ月以上あること

会社都合の場合の受給資格

離職日までの1年間に、雇用保険の加入期間が6ヶ月以上あること

このように、会社都合で辞めた人に対しては、国も少しやさしいですね。

派遣社員は契約を更新しながら働いている

派遣という働き方は、短期や長期がありますが、長期といっても短期と契約形態は何ら変わるところはありません。契約期間は短く、大体、3か月毎に更新するというスタイルです。

長期になると、3か月契約をずっと更新して、同じ会社の同じ部署で最高3年までとなります。

だから、長期といっても1年契約とか3年契約ではないのです。

派遣社員は3ヶ月間の契約が終了する約1カ月前までに、更新するかどうかを派遣会社に打診されます。

派遣先企業も同じで、次の3か月に引き続き派遣社員にきてもらうかどうか判断して、お互いに両想いなら更新確定です!

しかし、派遣社員が更新を希望しない場合や派遣先企業が更新を希望しない場合は派遣期間は終了します。

さて、派遣先企業が更新しなかった場合は会社都合というのはなんとなくわかります。

では、次の場合はどうでしょう?

自分が更新希望しないで派遣期間満了した場合は自己都合なのでしょうか?

派遣社員は契約期間満了の場合は会社都合になる

いろいろ調べた結果、派遣社員が契約期間満了した場合は基本的に会社都合になります

以前は、自分で更新しない場合は自己都合で、派遣社員が辞めてから1ヶ月間の間は待機期間とし、この間に次の仕事紹介がない時だけ会社都合になっていました。

しかし、現在は、雇用期間が満了するまでに仕事を紹介しなかった場合、会社都合となります。

 だから、満了後にすぐ離職票を請求してハローワークに申し込んでも大丈夫みたいです。

ただし、同一派遣会社で引き続き仕事紹介を希望した場合は、原則として契約期間満了後から1ヶ月間は被保険者資格を継続することが例外的に認められています。

そのため、その1か月間に仕事紹介があり、正当な理由なく断った場合などは会社都合ではなくなってしまうこともあるようです。

要するに契約を自分で更新しなかったというのは関係なくて、次の仕事の紹介があったかどうか、仕事の紹介を正当な理由なく断ったのかどうかによります。

万が一、派遣社員が契約を満了してすぐ次の仕事が見つからない場合は、失業保険はすぐもらえるというように雇用保険法が2009年3月に改正されたんですね☆

ただし、自分が更新しないで辞めた場合、会社からの雇い止めや3年間の派遣満了での会社都合とは違い、受給資格は、自己都合の場合と同じ離職日以前2年間に12カ月以上の雇用保険加入期間が必要です

解雇や倒産による退職は特定受給資格者、雇い止めや3年満期で更新されない等での退職は特定理由離職者となり受給資格や受給日数が違ってきます。

契約途中で辞めた場合は?

派遣契約の途中で辞める人も多いですが、契約途中で辞めるということは自己都合です。

ただ、病気やけがや介護、引っ越しなど本当にやむを得ない理由の時は特定理由離職者として認定されれば、すぐ失業保険がもらえたりすることもあります。

いろいろなパターンがありますので、自己都合でもやむを得ない事情で退職した場合は、ハローワークに相談するとよいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする